日通/門司港発タイ向けダイレクト海上混載サービス開始

2011年01月13日 

日本通運は1月11日から、博多/門司CFS(コンテナ輸送における小口貨物集積所)受け門司港発のタイ向けダイレクト海上混載サービスを開始した。

同サービスは、貨物の取扱数量増加と顧客の要望に応える形で、直接タイへ向かうサービスを開始したもの。輸送のリードタイムは従来の香港経由に比べ、約3日間短縮され、安定したスケジュールと積み替えによるダメージの恐れのない、高品質なサービスの提供が可能となる。

仕向地であるタイのラカバンCFSは、大型店が寄港できる同国最大の貿易港・レムチャバン港の内陸デポとして利用され、バンコク近郊に位置する。日系企業が多く進出している工業団地へのアクセスも良く、交通規制の区域外にあるため、スムーズな輸送が可能。タイ日本通運も拠点をラカバンに設け、速やかな対応を目指している。

同社ではすでに実施している東京・横浜・名古屋・大阪・神戸の各CFS受けタイ向けサービスと合わせ、週10便のタイ向けダイレクト海上混載サービスとなった。

■スケジュール
博多CFS CUT:火曜日
門司CFS CUT:水曜日
門司出航:金曜日
ラカバンCFS到着:月曜日(翌々週)

最新ニュース

物流用語集