広島市/西区草津港の運輸関連施設用地約30万平方米5区画を分譲

2011年02月24日 

広島市都市整備局は2月24日から3月24日まで、広島市西部開発事業臨海埋立地約30万㎡の一般競争入札の受付を開始する。

物件は全5か所で、西区草津港3-8-24(地積5187.82㎡、予定価格4億2800万円)、同3-8-38(7802.52㎡、5億3840万円)、同3-8-9(7805.46㎡、5億6040万円)、同3-8-40(7808.55㎡、5億2240㎡)
、同2-17-53(2555.38㎡、2億3800万円)となっている。

この地域は、市の中心部から南西約7kmで、流通業務市街地の整備に関する法律に基づく流通業務団地内にある。また、運輸関連施設用地として貨物取扱施設を中心とした地域。

入札の受付場所は広島市都市整備局都市整備調整課(市役所本庁舎)で、入札日は3月29日。

一般競争入札の分譲スケジュールは、入札参加申し込み→入札→資格認定・落札者の決定→契約の締結→売買代金の支払い→所有権の移転のスケジュールとなる。

■募集案内
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1286929665048/files/unyuboshu.pdf

問い合わせ
広島市
都市整備局 
都市整備調整課 管理係
TEL:082-504-2313
ts-chou@city.hiroshima.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集