栗田工業/ブラジルで水処理薬品の新工場を開設

2011年06月01日 

栗田工業は5月31日、ブラジルで水処理薬品製造・販売子会社が、水処理薬品の新工場をサンパウロ州アルツール・ノゲイラ市に開設すると発表した。

新工場は、現工場の約2倍の製造能力を有し、6月から順次本格的な操業を開始する。建設地であるアルツール・ノゲイラ市はサンパウロ市の北西約150Kmに位置。近隣には石油、自動車、食品の大手企業工場も立地しており、高速道路等の整備によりサンパウロ市からのアクセスも良好な立地環境となっている。

■新工場の概要
所在地:ブラジル連邦共和国サンパウロ州アルツール・ノゲイラ市
生産品目:水処理薬品(ボイラ用水処理薬品、冷却水用水処理薬品、紙パルププロセス処理剤など)
総敷地面積:約2万8000㎡
建築面積:約6000㎡
稼働開始時期:2011年6月

最新ニュース

物流用語集