オン・セミコンダクター/シンガポールにグローバル物流センター開設

2011年06月07日 

電子機器メーカーのオン・セミコンダクターは6月7日、新たなグローバルな物流拠点をシンガポールに開設したと発表した。

施設は総工費350億ドルを投じ、DHLサプライチェーンとの提携によって最新のオートメーション設備を導入し、旧物流センターの2倍の敷地面積9万5000平方フィートで、1日あたり5000万ユニットの出荷能力を有している。

新拠点では、最終製品を全世界の顧客向けに出荷するとともに、グローバルなサンプル対応センター、組み立てと試験施設向けダイやウェハーの在庫、南アジア地域の顧客向け製品の集積・配送拠点としての機能を持っている。

今後、同社の年間製品出荷数380億個の半数以上を取り扱う予定で、アジア全域における物流戦略パートナーであるDHLの社員が約150名で業務を行う。

なお、施設の拡大とオートメーション設備の拡充の直接的な効果として、東南アジア地域におけるサプライチェーンの生産性が15%以上向上する見通し。

同社では、シンガポールにおけるオペレーションを拡大によって、顧客や物流パートナーへの出荷をスピードアップし、ジャスト・イン・タイムでの納品を実現し、状況に応じた物流プロセスの対応が可能になるとしている。

最新ニュース

物流用語集