LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/延床面積11万6000㎡のプロロジスパーク座間2着工

2011年06月23日/物流施設

プロロジスは6月23日、マルチテナント型(複数企業向け)大型物流施設プロロジスパーク座間2を着工したと発表した。

<プロロジスパーク座間2>
20110623pro1 - プロロジス/延床面積11万6000㎡のプロロジスパーク座間2着工

<プロロジスパーク座間2(左)と現在稼働中のプロロジスパーク座間Ⅰ
(プロロジスパーク座間Ⅰの航空写真に座間2の完成予想図を合成したもの>
20110623pro3 - プロロジス/延床面積11万6000㎡のプロロジスパーク座間2着工

プロロジスパーク座間2は、神奈川県座間市広野台で現在稼働中のプロロジスパーク座間Ⅰと一体的に開発し、両棟から成るプロロジスパーク座間(Ⅰと2 の総称)は、総敷地面積約11万㎡、総延床面積約25万5000㎡とプロロジス国内最大、国内でも最大級の物流施設の複合開発となる。

座間2は2012年8月の竣工を予定しており、現在入居企業を募集している。

立地は、国道246号線から約2km、東名高速横浜町田IC、国道16号線と今後開通予定の圏央道圏央厚木IC(仮称)より約5km、東名高速厚木IC から約10km 弱の場所に位置している。

施設の特徴は、敷地面積約4万9821㎡、延床面積11万5952㎡、地上5階建、40フィートコンテナトレーラーが各階へ直接乗り入れ可能な大型ランプウェイを2基(上り・下り各専用)、合計約155 台分のトラックバース、屋上と地上を合わせて約320 台分の乗用車用駐車場を備え、作業効率を最大限まで高める汎用型物流センターとして設計されている。

ワンフロア約2万㎡という大規模な倉庫スペースを有し、効率的な物流オペレーションが可能である。また、倉庫内は入居企業のニーズに合わせて、ワンフロアで3分割まで可能となっている。

さらに、東日本大震災の発生を受け、災害発生時の建物の被害を最小限にし、災害後の早急な業務再開に貢献するため、免震構造と館内全体向けの緊急地震速報システムの採用で、大規模な地震が発生した場合においても、施設で働く人々と庫内の荷物の安全を確保する。

また、自家用発電機や地下水供給設備の導入、防災センターに衛星電話を常備することにより災害後にも外部との通信維持を可能にした。

なお、同じ敷地に2棟のマルチテナント型施設を開発することで、敷地出入口、構内道路、レストランなどのアメニティ施設を共同利用できるため、大型複合開発によるスケールメリットの享受と効率的な施設運営の二つが実現可能である。

■プロロジスパーク座間2の概要
名称:プロロジスパーク座間2
所在地:神奈川県座間市広野台2-4958-6
敷地面積:約4万9821㎡ (1万5070坪)
延床面積:約11万5952㎡ (3万5075坪)
構造柱:PC造、梁鉄骨造地上5階建免震構造
着工:2011年6月
竣工:2012年8月予定
設計・施工:フジタ

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース