日本郵船/新造LNG運搬船「エネルギーホライズン」

2011年07月06日 

日本郵船と東京エルエヌジータンカーは7月6日、建造している新造LNG(液化天然ガス)運搬船を「エネルギーホライズン」と命名した。

<ホライズンと命名された新造LNG(液化天然ガス)運搬船>
20110706NYK - 日本郵船/新造LNG運搬船「エネルギーホライズン」

このホライズンには、「水平線、展望」という意味があり、天然ガスの持つ可能性をかさね合わせた。

同船はモス型球形タンクでは最大の17万7000立方メートル(積載容量17万5000立方メートル)の貨物容積で輸送効率を高めている。また、LNG運搬船では世界初となる、再熱式ボイラとリヒートタービンを搭載した再熱タービンプラントにより、従来型蒸気タービン船に比べ約15%燃費削減した新型の省エネ船となっている。

なお、同船は日本郵船と東京エルエヌジータンカーの共有船となるもので、保有比率は日本郵船が90%、東京エルエヌジータンカー10%。

■エネルギーホライズン概要
タンク容量:約17万7000立方メートル(積載容量17万5000立方メートル)
全長:約300m
全幅:約52m
総トン数:約14万3000トン
造船所:川崎重工業坂出工場
就航:2011年8月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集