JXエネルギー/280億円で、韓国SKグループと潤滑油ベースオイル製造

2011年08月08日 

JX日鉱日石エネルギー(以下:JXエネルギー)とSKイノベーションの子会社であるSKルブリカンツ(以下:SKL)は8月5日、韓国ウルサン広域市のSKエナジーウルサンコンプレックス内に潤滑油ベースオイル製造設備を建設するため、合弁会社を設立すると発表した。

新設備建設の総投資額は、約3500億ウォン(約280億円)の見込み。

JXエネルギーは、今回の新設製造設備を通じて高いコスト競争力を有するグループⅢベースオイルを安定的に確保することにより、ワールドワイドでの潤滑油製品の販売拡大を目指し、グローバルな事業規模の拡大を進める。

またSKL社は、韓国ウルサンにおいて大規模なベースオイル生産設備を建設することにより、ベースオイルおよび潤滑油事業を世界的に拡大することを進める。

■合弁会社の概要
社名:未定
所在地:大韓民国ウルサン広域市(SKエナジー社 ウルサンコンプレックス内)
設立時期:未定
資本金:1300億ウォン(予定、約100億円)
出資比率:JXエネルギー 28%、SKL72%
事業内容:潤滑油(ベースオイル)の製造
生産能力:約135万kl/年
商業生産:2012年7月頃

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集