富士物流/マレーシアに自社倉庫建設

2011年08月25日 

富士物流は8月25日、マレーシアの現地法人富士物流マレーシアが、マレーシア北部の工業団地クリムハイテクパーク内で、自社倉庫を建設すると発表した。

<マレーシア自社倉庫のイメージ>
20110825fujibutsu - 富士物流/マレーシアに自社倉庫建設

親会社である三菱倉庫の協力を得て、両社の協業による新拠点設置の第一弾として実施するもので、着工は9月上旬、開設は2012年4月。

投資総額は約6億円で、土地代が6000万円、建物が約4億8000万円、その他システム・荷役設備等が6000万円。

立地はメーカー各社の生産工場が集積するマレーシア有数の工業団地内。

■新倉庫概要
名称:富士物流マレーシア社 クリム倉庫
所在地:Lot 1&2,SMI Park Zone 1,Industrial Zone Phase 2,Kulim Hi-Tech Park 09000 Kulim,Kedah Darul Aman,Malaysia
敷地面積:1万1896㎡
延床面積:8914㎡
特色:保税倉庫許可を取得、空調設備(温度・湿度制御)を導入、海上コンテナ対応の8基のドックレぺラ-設置。マテハン機器類はフォークリフト、重量ラック、重量測定器、台車、固定バンドなど。
従業員数:約150名

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集