ブリヂストン/米国テネシー州のトラック・バス用タイヤの生産能力増強

2011年09月26日 

ブリヂストンは9月26日、米国のブリヂストンアメリカスタイヤオペレーションズが、テネシー州にあるウォーレン工場のトラック・バス用ラジアルタイヤの生産能力増強を決めた。

投資額約31億円で、2013年下期に工場の生産能力を日産約900本増強し、日産約9,000本体制とする。

北米で堅調に伸長する需要に対応するため、能力の増強が必要と判断したもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集