スタンレー電気/中国・武漢に研究・開発・製造・販売の新会社設立

2011年11月28日 

スタンレー電気は11月28日、中国・武漢市に、自動車用照明製品、電子機器製品、金型と関連部品の研究、開発、製造・販売を行う新会社を設立したと発表した。

グループでは、すでに中国に8社の子会社を設立し、早い段階から積極的な事業展開を行ってきているが、さらなる事業強化・拡大を行っていく。

■新設会社の概要
名称:武漢斯坦雷電気
所在地:中華人民共和国 武漢市
工場建屋:約3万2000㎡
敷地面積:約10万㎡
工場建屋は2013年1月完成予定
事業内容:自動車用照明製品、電子機器製品、金型および関連部品の研究、開発、製造、販売ならびにアフターサービス
資本金:3000万米ドル
設立年月:2011年10月
株主構成:広州斯坦雷電気50%、斯坦雷電気(中国)投資35%、広州汽車集団零部件15%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集