JDA/リスク管理のためのサプライチェーン・ネットワーク設計を支援

2011年12月26日 

JDAソフトウェア・ジャパンは12月26日、リスク管理のためのサプライチェーン・ネットワーク設計を支援すると発表した。

同社はサプライチェーン・ネットワーク最適化ツール JDASupply Chain Strategistによって、企業の適切なリスク管理を支援する。

JDA Supply Chain Strategist は、サプライヤーであれ工場設備であれ、自社のサプライチェーン・ネットワーク内の単一障害点の把握や、自然災害に関連するリスク管理シナリオの評価を支援するべく設計されている。また、サプライチェーンの特定箇所における障害がビジネス全体に及ぼす影響の見通しを提供する。

JDA Supply Chain Strategist により、こうしたリスクを軽減する戦略を構築する What-if シナリオをモデリングしたり、既存のリソースを活かした効果的なリスク対応の一助となる戦略を考案したりすることが可能になる。

JDA Supply Chain Strategist はサプライチェーン・ネットワークを評価・設計・最適化し、最終的に最善の姿に導くための、戦略的なエンドツーエンドの機能を提供する。また、サプライチェーンの広がりと深さを表現できる、モデリングおよび最適化環境を提供する。これらは企業が日々直面する戦略的な問題を解決するだけでなく、サプライチェーンが断絶した場合のリスクを把握・管理する際の指針を得るために必要と
なるもの、としている。

詳細な内容は下記URLを参照。
http://jda.com/netopt

問い合わせ
JDAソフトウェア・ジャパン
TEL:03-4461-1000
sales-japan@jda.com

最新ニュース

物流用語集