国交省/モーダルシフト等推進事業、8件に補助金採択

2012年01月30日 

国土交通省は1月30日、2011年度モーダルシフト等推進事業の2次募集で、8件を採択した。補助金の総額は1512万4000円。

温室効果ガスの排出削減による地球温暖化の防止と低炭素型の物流体系の構築を図るため、荷主企業と物流事業者等による協議会が実施する二酸化炭素排出原単位の小さい輸送手段へのモーダルシフトの取組みに対して支援を行うもの。

採択事業一覧
1.冷凍コンテナを利用した鉄道へのモーダルシフト協議会
参加企業:東札幌日通、日本フレートライナー北海道支店、日本貨物鉄道北海道支社
内容:北海道羊蹄山麓地区(後志地方)の生鮮野菜の東京方面への輸送と北広島市から大阪方面への精肉の輸送について、クールコンテナを利用してトラック輸送から鉄道輸送へ転換を図る。
補助金127万4000円、CO2削減量567.60トン

2.日本海水・エア・ウォーター物流モーダルシフト推進協議会
参加企業:日本海水、西日本エア・ウォーター物流、エア・ウォーター物流、日本塩回送
内容:福島県小名浜工場より供給していた塩について、震災による被災のため生産ラインが停止したことから、香川県坂出市から東京方面への内航船による海上輸送の拡大を図る。
補助金452万4000円、CO2削減量1,269.60トン

3.TLCモーダルシフト推進協議会
参加企業:東洋紡績、東洋紡ロジスティクス、岩国通運、日本貨物鉄道関西支社
内容:山口県岩国市から名古屋地区へトレーラ輸送しているレジン(樹脂)について、鉄道輸送への転換を図る。
補助金124万2000円、CO2削減量304.92トン

4.瀬戸内・北関東モーダルシフト推進協議会
参加企業:日本海水、西日本エア・ウォーター物流、商船三井フェリー
内容:福島県小名浜工場より供給していた塩について、震災による被災のため生産ラインが停止したことから、香川県坂出市から群馬県方面へのRORO船による海上輸送の拡大を図る。
補助金200万9000円、CO2削減量451.20トン

5.東レ・名港海運モーダルシフト推進協議会
参加企業:東レ、名港海運
内容:愛媛県伊予郡松前町から名古屋方面へトレーラ輸送をしている樹脂原料について、内航船による海上輸送への転換を図る。
補助金219万2000円、CO2削減量218.28トン

6.下水道汚泥焼却灰の循環型社会推進及びモーダルシフト推進協議会
参加企業:旭川市水道局、北海道ジェイアール物流、日本貨物鉄道北海道支社
内容:旭川市内で最終処理を行っていた下水道汚泥の焼却灰について、再利用によって循環型社会を推進するために、北斗市のセメント工場に無蓋コンテナを用いた鉄道輸送を実施する。
補助金130万円、CO2削減量56.04トン

7.木質バイオマス燃焼灰のモーダルシフト推進協議会
参加企業:北海道熱供給公社、北海道ジェイアール物流、日本貨物鉄道北海道支社
内容:札幌市から北斗市のセメント工場へトラック輸送を行っている都市暖房原料の焼却灰について、再利用によって循環型社会を推進するために、無蓋コンテナを用いた鉄道輸送への転換を図る。
補助金122万5000円、CO2削減量25.32トン

8.和歌山港地区モーダルシフト推進協議会
参加企業:島精機製作所、浅川組運輸
内容:和歌山港から神戸港までの内航フィーダーによる機械(横編機)の輸送について、海上輸送の拡大を図る。
補助金135万8000円、CO2削減量24.00トン

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集