雪印メグミルク/関東地区のチルド飲料生産・物流機能を集約

2012年02月09日 

雪印メグミルクは2月9日、関東地区のチルド飲料生産機能の集約を実施すると発表した。

海老名工場を飲料・デザート類事業における首都圏(関東地区)の基幹工場として位置づけ、現在、牛乳・乳飲料を中心とした飲料類の生産に関わる建屋と製造設備の更新による基盤整備(以下:新海老名工場第1期投資)を進めている。

この新海老名工場第1期投資完了後、海老名工場敷地内に新棟屋を建設し、生産物流機能の増強のための設備投資を実施する。

日野と富里工場のチルド飲料生産機能を集約し、物流機能も、日野と富里工場の機能を再配置する。

新海老名工場としての飲料生産ラインの稼動に合わせて、日野工場と富里工場を順次閉鎖する。

この取組みによって、牛乳、乳飲料、果汁・野菜飲料等のチルド飲料に関する事業強化を進め、乳の価値創造と牛乳・乳製品の需要拡大を実現することで、国内酪農生産の基盤強化を図る。

最新ニュース

物流用語集