セイノーHD/4~12月の売上高0.7%減、営業利益4.9%増

2012年02月10日 

セイノーホールディングスが2月10日に発表した2012年3月期第3四半期決算によると、売上高3722億9700万円(前年同期比0.7%減)、営業利益102億300万円(4.9%増)、経常利益145億1200万円(8.0%減)、当期利益83億9500万円(0.6%増)となった。

輸送事業は、同社グループが誇る路線ネットワークを活かした物流一括元請の獲得や、提案営業の強化によるロジスティクス事業の拡大、西武運輸の急便ネットワークを利用した航空代行商品の拡販などを進めた。

B2B向けEコマースサービスを提供するなど、急速に拡大するEコマース市場にも対応すべく取り組んできた。さらに利益重視の取り組みを強化するため、適正運賃の収受を進めるとともに、中継料など諸料金の収受についても、注力して取り組んだ。

この結果、売上高は2796億5400万円(0.2%増)、営業利益は60億1900万円(3.2%増)となった。

通期は、売上高4920億円(1.1%減)、営業利益127億円(3.0%増)、経常利益182億円(9.6%減)、当期利益80億円(5.3%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集