三井倉庫/三洋電機ロジを子会社化、全株式242億円で取得

2012年02月27日 

三井倉庫は2月27日、三洋電機ロジスティクス(以下:SEL)の全株式を242億円で4月2日に取得し、子会社化すると発表した。

三井倉庫では、SELが家電分野を中心として3PL事業で確固たる地位を築いており、顧客のニーズに対応したITシステムや全国に展開する物流網と合わせて、同社が志向する物流プラットフォーム構築に大きく貢献すると考えている。

家電という取扱商品の特性上、エンドユーザーに接する領域までの物流を担っており、消費者物流領域の強化という点からも、顧客層の拡大を通じた三井倉庫の成長を導くとしている。

子会社化に当たって、SELの全株式の95%を保有する合同会社 3PLホールディングスの全持分をロングリーチグループより取得し、三洋電機の保有するSEL株式の全部(SELの全株式の5%)を取得する。

中央三井キャピタルが運営する中央三井プライベートエクイティパートナーズ第七号投資事業組合及び中央三井プライベートエクイティパートナーズ第七号アルファ投資事業有限責任組合(以下:総称してCMCという)が保有する新株予約権の買い取りを実施することで直接保有・間接保有を合わせてSELグループの株式を100%取得する。

SEL代表取締役社長である浅野勉氏をはじめとするSEL現経営陣は、グループ入り後も原則として引き続きSELグループの経営に携わり、同社従業員とともに、顧客にとって最適で価値ある高品質サービスの提供を目指す。

■異動する子会社の概要
名称:三洋電機ロジスティクス
所在地:大阪府枚方市南中振3-2-27
資本金:67億800万円
大株主と持ち株比率:合同会社3PLホールディングス95%、三洋電機5%
2011年3月期の業績:売上高415億7000万円、営業利益25億800万円、経常利益24億6600万円、当期利益10億7700万円

最新ニュース

物流用語集