ホンダ/タイ洪水被害からの復旧、四輪工場が生産再開

2012年03月26日 

本田技研工業は3月26日、洪水被害により2011年10月4日から生産活動を停止していたタイの四輪車生産拠点のホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドが、3月26日より四輪完成車の生産を再開したと発表した。

洪水の影響により生産が滞っていたタイを含む一部のアジア大洋州地域へは日本から完成車の代替供給を行っていたが、現在、全生産拠点で生産活動を再開。4月中には通常レベルの生産・供給体制に戻る見通しとなっている。

アジア大洋州地域以外の全生産拠点については、タイ洪水の影響は既に解消されている。

■ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド概要
所在地:タイ アユタヤ
資本金:54億6000万バーツ
出資比率:本田技研工業75.94%、アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド13.05%、その他11.01%
事業内容:四輪車の製造・販売
設立:2000年12月
従業員数:約4000名
生産能力:四輪完成車24万台/年

最新ニュース

物流用語集