物流EDIセンター/インターネット対応型次世代物流EDIを無償公開

2012年03月30日 

日本物流団体連合会物流EDIセンターは3月30日、インターネットに対応した次世代物流EDI標準の改訂版「物流XML/EDI標準」Ver02-01を開発し、物流EDIセンターのホームページで無償公開した。

今回の改訂で、物流XML/EDI標準はほぼ完成し、「JTRN」の後継標準として物流業務の効率化等に寄与することが可能となった。

JTRNは、物流業界、電機電子業界、ロジスティクス業界が当時開発を進めていたそれぞれの物流EDI標準を統合し、国内統一の物流EDI標準として1996年7月にJTRN1A版が開発され、その後幾度かの改訂がなされ、現在の3C版に至っている。

物流EDIセンターでは、2006年度にJTRNの後継標準として次世代物流EDI標準「物流XML/EDI標準」の開発に着手。これまで毎年改訂を行い、今回の改訂により、JTRNの34メッセージのうち、25メッセージの移行が完了した。

このため、通常の物流取引に必要なメッセージについては移行が完了したことから、バージョン番号を上げてVer02-01とし、残りの9メッセージの移行は、利用者のニーズを見ながら進める。

■「物流XML/EDI標準」Ver02-01の改訂内容とダウンロード(無償)
http://www.butsuryu.or.jp/edi/

問い合わせ
鉄道情報システム
第二営業企画部営業開発課
TEL:03-5371-0194
b-edi@jrs.co.jp

最新ニュース

物流用語集