楽天、郵便事業/EC事業者の海外販売・物流を支援

2012年04月16日 

楽天と郵便事業は4月16日、楽天市場の出店店舗の海外向け事業拡大と海外発送の拡大に向け、相互に協力・支援をしていくことで合意したと発表した。

今回の合意書に基づく具体的な取り組みは、まず楽天サイト上における海外発送用オンラインシッピングサービスがある。

日本郵便が提供しているオンラインシッピングの機能を楽天が利用することにより、楽天市場の出店店舗は、受発注情報を基に、EMSと国際書留の発送ラベル(国際eパケットを含む)を発行できるサービスを実現する。

店舗は海外発送作業を簡便化でき、商品の受注から発送までを一元管理することが可能になる。

海外ネット通販の機会拡大への協力では、楽天と日本郵便は、海外ネット通販の活用機会の拡大、海外配送に関するセミナーなどを全国で開催するなど、海外通販利用の市場開拓に協力するものとしている。

世界に向けて広範な周知施策の展開と海外販売拡大の相互協力がある。楽天と日本郵便は、日本を代表する海外通販サイトの1つとして楽天市場を位置付け、世界中の人々に日本からの海外通販を利用してもらえるように、日本郵便の海外ネットワークを活用して、世界に向けて認知度向上の周知施策を幅広く展開する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集