ケンコーコム/楽天と資本業務提携で、物流拠点拡充に6億7000万円

2012年05月17日 

ケンコーコムは5月17日、楽天との資本業務提携を発表したが、その中で、出荷件数の増大と取扱商品数の増加に対応するために、物流拠点の拡充と情報システム全般の刷新が必要としている。

今回の提携で調達した資金15億円は、物流拠点の拡充に6億7000万円、システムの整備・更改費用として5億5000万円、海外事業における投資等として2億8000万円を充当する予定。

健康関連のワンストップショップとして唯一無二の存在となることを目指しており、これにより想定される出荷件数の増大及び取扱商品数の増加に対応するためには、物流拠点の拡充は不可欠であると考えている。

具体的には、物流拠点の拡充では、物流ネットワークの増強について4億円、自動梱包ラインの導入について2億万円、什器や備品類の購入等について7000万円投資する。

払込後、直ちに物流ネットワークの増強計画の実行に移る予定で、効率的な物流拠点の拡張を行うための在庫配置シミュレーションや輸送体制の検討する。

各物流センター内のレイアウトや稼働時の人と物の連携の検討を実施し、具体的な設計を開始するまでに最低でも2か月の時間が必要となるため、今年9月から2013年6月までに投資を実施する計画。

既存の海外子会社についても事業範囲や取扱規模の拡大を予定しており、海外における物流拠点の拡張やシステム投資、在庫資金等として1億円を今年10月から2013年9月に投資する。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集