Paltac/埼玉、宮城に220億円を投じ、物流拠点建設

2012年06月15日 

Paltacは6月15日、関東・南東北の出荷能力増強のため、埼玉県南埼玉郡と宮城県白石市に大型物流センター(以下:RDC)を建設を決めた。

両施設への総投資額は220億円で、埼玉が2016年3月に、宮城は2013年12月に竣工を計画している。

埼玉県南埼玉郡の用地は白岡西部産業団地内にあり、東北自動車道と2014年にも埼玉県内区間が全線開通予定の圏央道が交差するエリアに位置している。

圏央道白岡菖蒲インターチェンジまで約1.3kmと、首都圏東西へのアクセスに優れた立地で、同社最大規模(延床面積11.2万㎡)の物流拠点を整備する。

首都圏のチェーン化やグループ化を推進している取引先の売上拡大に対応できる出荷キャパシティを確保し、高品質・ローコストの物流サービス体制を強化する。

高機能、高精度システム(納品精度99.999%)を活かし、取引先の店頭作業、個口検品による検品作業、カテゴリー納品による店頭での品出し作業効率化に支援する。

宮城県白石市では、白石インター工業団地内にあり、東北自動車道白石インターチェンジに隣接し、南東北3県の県庁所在地(仙台市、福島市、山形市)のほぼ中央に位置し、交通アクセスにも優れた立地。

震災復興と東北エリアの物流効率化を目的に、汎用物流センターとしての機能とSCL事業としての専用物流センター機能を併せ持つ複合型(ハイブリッド型)の物流センターを構築し、投資効率と生産性の向上を図る。

南東北エリアでの物流機能強化と共に、雇用創出による地元経済の活性化と震災復興に貢献する。

新設RDCの概要
埼玉県南埼玉郡
所在地 埼玉県南埼玉郡白岡町大字荒井新田字瀬地内
敷地面積:約83,000㎡
建築面積:約33,000㎡
延床面積:約112,000㎡
主要設備:パレット自動倉庫、ケース自動倉庫、自動補充システム
年間出荷能力:1,800億円~2,000億円
総投資額:約170億円
完成予定時期:2016年3月

宮城県白石市
所在地 宮城県白石市福岡深谷字西町市内
敷地面積:約38,000㎡
建築面積:約10,000㎡
延床面積:約26,500㎡
主要設備:パレット自動倉庫、ケース自動倉庫、自動補充システム
年間出荷能力:350億円
総投資額:約50億円
完成予定時期:2013年12月

最新ニュース

物流用語集