東陽倉庫/物流統合クラウドサービス稼働

2012年06月19日 

NECは6月19日、輸送中貨物の現在ステータス(位置や在庫情報)を効率的に確認できるクラウドサービス「NeoSarf/Logistics(ネオサーフ/ロジスティクス)」を受注し、東陽倉庫が、今年5月から利用を開始したと発表した。

「NeoSarf/Logistics」は、物流に関わる各事業者(荷主、運送業者、通関業者など)で扱う貨物の管理番号をクラウド上で相互に紐付ける仕組みを持ち、どの事業者の管理番号で検索しても、輸送中貨物の現在ステータスが把握可能となるクラウドサービス。

東陽倉庫では、荷主からの貨物の輸送状況についての問合せに対し、社内の各部門や関連事業者へ直接確認するなどし、回答していた。

今回、NECの「NeoSarf/Logistics」を利用することで、東陽倉庫だけでなく荷主や関連事業者も、「INVOICE番号」や「オーダー番号」などで検索することで、貨物の現在ステータスが把握可能となった。

これにより、物流サービスの向上と、問合せ対応業務の効率化を実現。特にリードタイムの長い国際物流では、輸送に関わる事業者数も多く物流過程のよりきめ細やかな管理が求められていた。東陽倉庫は、第一弾として5月から、荷主向けの日本/中国間および日本/北米間の輸送においてこのサービスを利用している。

最新ニュース

物流用語集