LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船ほか/空気潤滑システムで6%の省エネ効果

2012年07月09日/CSR

日本郵船と日本郵船グループのMTI、日之出郵船は7月9日、泡を利用して船舶と海水の摩擦を減らす独自の空気潤滑システムの実証実験で、平均約6%の二酸化炭素(CO2)削減効果があることが確認されたと発表した。

モジュール船の「YAMATO(大和)」と「YAMATAI(邪馬台)」に搭載して実証実験を行ってきたもの。

空気潤滑システムは、空気を船底に送り込んで泡を発生させ、船舶と海水の摩擦抵抗を低減させる技術で、ブロア(送風機)方式による同システムの恒久的運用は世界初の試み。

プロジェクトは、竣工時から2船に同システムを搭載し実際の航海の中で、燃費削減効果の検証、さまざまな運航・海象条件下で船底に送り込まれた泡の動きの確認、送り込む空気量と効果との関係の検証、CO2削減効果の実証を行ってきた。

CO2排出量の削減効果は、試運転時に測定された10%に対し、さまざまな気象・海象の下では平均で6%程度になることを確認した。

プロジェクトは終了したが、日本郵船、MTI、日之出郵船の3社は引き続き、実船データによる性能解析やドック時の機器レビューなどを通して、同システムの最適運用を追求していく。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース