三菱電機/65億円投じ、名古屋製作所にFA機器生産棟を建設

2012年07月10日 

三菱電機は7月10日、名古屋製作所にFA機器の新生産棟を建設すると発表した。

<新生産棟イメージ>

生産棟は、免震構造を採用し、大規模震災が発生した場合の供給維持を目指すとともに、各種省エネ機器を導入し、環境・省エネにも貢献する。

投資額は約65億円で、2014年1月から順次稼働し、2015年度FAシステム事業連結売上高6000億円達成へ向けた生産体制の整備を図っていく。

■生産棟の概要
所在地:愛知県名古屋市東区矢田南5-1-14(名古屋製作所内)
建築面積:約5000㎡(延床面積:約26,000㎡)
構造:鉄筋コンクリート(RC)造、地上6階建、免震構造
主な生産予定製品:FA制御機器(シーケンサ)及び駆動制御機器用キーパーツ
竣工予定:2013年12月
稼動開始予定:2014年1月から順次稼働
投資額:約65億円
環境・省エネ対策:太陽光発電システム(発電容量50kW)、LED照明(約2,000本)、 FAトータルソリューション「e&eco-F@ctory」を導入したエネルギー管理システム

最新ニュース

物流用語集