オルビス/埼玉県加須市に東日本流通センター稼動

2012年08月21日 

ポーラ・オルビスグループのオルビスは8月21日、埼玉県加須市にオルビス東日本流通センターを開設し、本格稼動を開始した。

<東日本流通センター>

主力の通信販売チャネルにおける配送サービスの強化と効率化のため、関東にある3つの流通センターを統合したもの。

今年2月に開設、稼動した西日本流通センター(兵庫県西宮市)とともに東西二拠点体制が確立し、全国翌日配送と関東・関西主要都市即日配送の体制を整備した。

通販チャネルにおける配送サービス面での優位性をさらに高め、スキンケア化粧品等をいち早く届ける。

全国翌日配送エリアは、北海道、九州、沖縄を含む全国(一部離島を除く)で、対象地域の全国人口カバー率は99.9%。

関東・関西主要都市では、朝7時までのWEBによる注文に、当日18時以降に届けることが可能となり、対象地域の全国人口カバー率は約48%となった。

センター整備により、拠点集約による固定費、西日本地域での商品配送費、デジタル化による帳票出力費のコスト減を実現する。

デジタルピッキングとカートピッキングのハイブリッドライン導入による1拠点当りの出荷能力を従来より1.5倍に拡大した。

庫内の作業効率化として、オルビス専用WMS導入による商品・ロケーション・作業管理の品質・効率向上し、商品のトレーサビリティ(生産履歴)情報の追跡が可能になった。

さらに、東西2拠点体制により、大災害時のリスクを低減した。

オルビス東日本流通センター概要
所在地:埼玉県加須市鴻茎3200-1(流通サービス・騎西物流センター内)
延床面積:3,500坪
構造・規模:耐火耐震建築物地上4階建て
交通:東北自動車道加須ICより8km

最新ニュース

物流用語集