トヨタ自動車/低燃費商用ディーゼル取組む

2012年09月25日 

トヨタ自動車は9月24日、環境技術開発の最新の取り組みと今後の展開計画を公表した。

ディーゼルエンジンでは、商用車用の3.0-KD系ディーゼルエンジンについて、高圧で高い噴射精度を維持する世界初のシステム「i-ART」(噴射特性自律補償システム)を採用し、低燃費と低エミッションを実現する。

2012年4月からブラジル向け「ハイラックス」に搭載している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集