多摩大学大学院/企業の生死を決めるサプライチェーンマネジメントでセミナー

2012年11月08日 

多摩大学大学院は11月15日に今岡善次郎客員教授による「企業の生死を決めるサプライチェーンマネジメント」をテーマに経営実学志塾を開催する。

血液や神経の流れは 患部だけではなく身体全体の現象であるように企業組織のモノとカネの流れは局部ではなく全体の現象。慢性病に対して西洋医学は患部 を治療しても生命を助けられなくて行き詰っているように、設備の高性能化、輸送手段の高速化、倉庫の自動化など部分的効率化だけでは組織は生き残れない。

流れをつくるトヨタ生産方式やTOC(制約理論)などの 本質を述べ、その背景にある日本的経営、および企業を有機的システムと捉えるドラッカー社会生態学経営思想で、生死を決めるサプライチェーンマネジメントを講義する。

■開催概要
日時:11月15日(木)
会場:多摩大学大学院 品川サテライトキャンパス
参加費:無料

■プログラム
18:00~19:00 入学等に関する個別相談(希望者)
19:00~20:30 経営実学志塾
20:30~入学等に関する個別相談(希望者)
*個別相談18:00~19:00

■申し込み
http://tgs.tama.ac.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=160

問い合わせ
多摩大学大学院事務室
TEL:03‐5769‐4170

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集