ワールドロジ/取引先に債権の取立不能、取立遅延のおそれ

2012年12月18日 

ワールドロジは12月18日、取引先の中央ワイドサービスが、12月14日付けで破産手続開始決定を受け、破産管財人より破産手続開始通知書を受領したと発表した。

中央ワイドサービスに対する債権は営業債権で金額は3400万円で、取立不能または取立遅延のおそれが生じたとしている。

このうち、2500万円は、同社の業績推移等を勘案した結果、貸し倒れの懸念があるものと判断し、2012年6月期において貸倒引当金として処理を行っている。

最新ニュース

物流用語集