LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本ロジスティクスファンド/匿名組合出資で施設の取得・開発強化

2013年05月29日/物流施設

日本ロジスティクスファンドは5月29日、三井物産リアルティ・マネジメント(以下:MBRM)がファンド・マネージャーを務める私募ファンドMBRMロジファンド3号について、ファンド匿名組合契約を締結を決めた。

MBRMロジファンド3号(以下:本ファンド)の匿名組合出資を通じて対象不動産の優先交渉権を取得する予定で、開発型案件を含む投資対象の拡大と資金調達タイミングに合わせた柔軟な物件取得を可能にする狙い。

さらに、三井物産グループのサポートを活用し、優良な物流施設の取得・開発により、安定的なパイプラインの構築を規定している。

本ファンドの営業者名は、ロジファンド・スリー合同会社で、出資枠総額100億円程度(うち日本ロジスティクスファンド5億円、三井物産10億円)で、資産総額200億円から250億円を予定している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース