日本郵船/フィリピン船員研修施設と商船大学の新施設完成

2013年06月03日 

日本郵船は6月1日、フィリピン・カランバ市の船員研修施設と商船大学の研修所、教室、宿舎などの新施設が完成し、開所した。

<商船大学での入学セレモニー>
20130603nyk2 - 日本郵船/フィリピン船員研修施設と商船大学の新施設完成

同時に同商船大学NYK-TDG MARITIME ACADEMY (以下:NTMA)の第七期生180人の入学式典と2013年度始業式も行われた。

第七期生は3年間の基礎教育や操船シミュレーター、エンジンプラントなどを用いた訓練の後、日本郵船の訓練船で1年間の乗船実習を行い、幹部候補生として日本郵船の船に配乗される予定。

NTMAでは、グループが日本で培ってきた船員育成の経験に加え、基礎学力を向上させる独自プログラムを採用、質の高い船員の育成を図っている。

昨年までは1学年が120人だったが、今年度から180人(航海科90人/機関科90人)に増員。これまで2学年が卒業し、生徒たちはフィリピン海事大学統一試験で優秀な成績を収めているだけでなく、海技資格試験でも順調に合格者を積み上げている。

卒業生は海技免状取得後、日本郵船グループの運航船に三等航海士・三等機関士として配乗され、グループの育成プログラムを経て、船長・機関長を目指すことになる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集