マツダ/120億円投じ、メキシコにエンジン機械加工工場建設

2013年08月08日 

マツダは8月8日、住友商事との合弁事業であるメキシコの新工場に、エンジン機械加工工場を新設すると発表した。

新設する工場は、Mazda2(日本名:デミオ)、Mazda3(日本名:アクセラ)に搭載するエンジンを生産する予定で、2014年10月の操業開始を目指している。

年間生産能力は23万基規模を計画しており、エンジン機械加工工場の新設に伴い、1億2000万米ドル(日本円で約120億円)を投資するとともに、約100名を追加で採用する計画。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集