三井物産リアルティ・マネジメント/厚木の物流施設2.9万㎡を取得

2013年08月12日 

三井物産リアルティ・マネジメントは8月12日、運用受託しているファンドで厚木物流センターを信託財産とする不動産信託受益権を取得したと発表した。

<外観>
20130812mitsui - 三井物産リアルティ・マネジメント/厚木の物流施設2.9万㎡を取得

敷地面積1万9780㎡で、3階建て、延床面積2万8873㎡で、7月に竣工した施設。

テナントは、3PL企業で、大手メーカーの商品在庫と配送拠点として運営する。

立地は、直線距離で東京から約50km、横浜から約25kmに位置し、東名高速道路と小田原厚木道路のインターチェンジ、国道129号、国道246号、国道412号などの主要国道がそれぞれ交差し、首都圏南西部の玄関口、神奈川県内、東京、埼玉、静岡、山梨方面の配送にも適した物流拠点となっている。

開発型・フォワードコミットメント物件で、有効柱間隔約11.5m、床荷重約1.5トン/㎡、有効天井高約5.5m、使用容積率を抑えた地上3階建て、垂直荷役設備(4基の昇降機と4基の垂直搬送機)の設置により入出荷スピードが求められる物流施設に適した、汎用性の高い建物仕様を採用している。

将来対応として複数テナントによる分割利用も可能な構造となっている。

■厚木物流センターの概要
名称:厚木物流センター
所在地:神奈川県厚木市金田911-1
敷地面積:19,780.93㎡
延床面積:28,873.74㎡
規模・構造:鉄筋コンクリート造3階建

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集