ワールド・ロジ/破産手続開始、負債79億円

2013年08月30日 

ワールド・ロジは8月30日、破産手続開始を大阪地方裁判所に申立を行い、同裁判所より破産手続開始の決定を受けた。

負債総額は、個別、保証債務を含め約79億5400万円。

同社は、2004年に上場し、業容、企業規模の拡大のため積極的な企業買収を展開し、2007年には通販向けの物流センター「大阪フルフィルメントセンター(以下:大阪FFC)」を開設し、大規模な設備投資も行ってきた。

グループの売上は増加したものの、投資資金は、いずれも借入金により調達していたことから、有利子負債が増大し、収益と資金繰りを圧迫する結果となった。

大阪FFCを活用したフルフィルメントサービス事業は、当初想定をしていた事業収益を確保することができず、損益の悪化と資金繰りの悪化に拍車がかかる結果となり、その後、不採算事業の廃止等、様々なコスト削減を進めたが、2009年6月期より連続して営業赤字を計上していた。

2012年6月期には大阪FFC事業の合理化により、固定資産の除却損等、多額の損失を計上し、58億8500万円もの債務超過に陥いり、グループ単独での再生が困難な状況になっていた。

その後、事業再生ADR手続を行ったものの成立せず、自力での事業継続を断念し、破産手続開始の申立てとなった。

なお、連結子会社であるワールドソリューションズ、WLパートナーズ、スタッフィング・オンデマンド、IWビジネスパートナーズも、大阪地裁へ破産手続開始の申立を行い、リサイクル・アンド・イコールは、民事再生手続開始申立を行っている。

破産管財人は、阿多博文弁護士(弁護士法人興和法律事務所、TEL:06-4707-6262)

最新ニュース

物流用語集