LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

コスモ石油/輸送におけるエネルギー消費原単位が減少

2013年09月24日/SCM・経営

コスモ石油は、2012年度の輸送におけるエネルギー消費原単位は、8.77kl/百万トンキロとなり、前年度から0.16kl/百万トンキロ減少した。

総貨物輸送量は6,833百万トンキロと前年度比1.4%の増加となったが、鉄道と内航タンカーの比率が増加したため、エネルギー使用量は59,915kl(原油換算)と前年度比0.4%減少し、その結果消費原単位も減少となった。

タンクローリーによる陸上輸送では、1台あたりの輸送量は17.93kl/回と前年度より0.03kl/回の改善、消費原単位も35.62kl/百万トンキロと前年度より0.65kl/百万トンキロ改善した。

内航タンカーによる海上輸送では、千葉製油所の生産停止の影響もあり、消費原単位は6.63kl/百万トンキロと前年並みだった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース