川崎重工/LNG運搬船を日本郵船に引渡し

2013年09月30日 

川崎重工は9月30日、日本郵船に177,000立方メートル型LNG運搬船「グレースダリア」を引き渡した。

<グレースダリア>

モス型としては世界最大船型の第2番船。カーゴタンクを大型化することによりLNG積載量を大幅に増加させている。

燃料消費量は従来の蒸気タービン推進プラントと比べて約15%改善している。

■主要目
全長:約300m
長さ(垂線間長):286.50m
幅(型):52.00m
深さ(型):28.00m
満載喫水(型):11.65m
総トン数:141,671トン
載貨重量:86,512トン
貨物タンク容積:177,427立方メートル(-163℃、100%において)

主機関
川崎URA-450型再熱式蒸気タービン機関×1基
連続最大出力29,890キロワット×76回転/分
航海速力:約19.5ノット
定員:63名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:日本(東京)

最新ニュース

物流用語集