日立製作所/台湾・台中市に変圧器の製造合弁会社設立

2013年10月09日 

日立製作所は10月9日、電力流通システム事業の強化のため、技術提携先である台湾の華城電機(華城)と台湾に合弁会社を2014年1月に設立すると発表した。

新会社は、中・大型変圧器を製造する工場を台中市の台中港自由貿易区に建設し、2015年4月から生産開始する。

製造する変圧器は、日立のグローバル販売ネットワークを活用して、日立ブランドで販売する予定で、工場の生産体制は、2017年に400MVA換算で年間35台となる見込み。

■合弁会社の概要
社名:日立華城変圧器
所在地:台中市台中港自由貿易区
設立年月:2014年1月
事業概要:油入変圧器の設計、製造、検査、販売、据付工事、アフターサービス
資本金:14億新台湾ドル(約45億円)(出資比率 : 日立製作所60%、華城電機40%)
従業員数:約200名(2020年見通し)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集