神戸市/神戸~宮崎間のフェリー航路、来秋就航

2013年10月15日 

神戸市みなと総局は10月10日、宮崎カーフェリーが「神戸~宮崎」を結ぶ新たなフェリー航路のが来秋に就航すると発表した。

宮崎カーフェリーは阪神・淡路大震災まで神戸(青木)~日向(細島)航路を運航していたが、神戸港(新港第3突堤)に戻ってくることになったもの。

神戸~宮崎航路の就航により、人・物の流れが増え、両港を起点とした観光客の増加、貨物の増加に大きく寄与することが期待される、としている。

新港第3突堤では、今年度よりフェリーターミナル整備に着手しており、海上交通拠点としての機能を拡充するとともに、港を身近に感じることのできる、魅力あるウォーターフロントエリアを形成する。

■航路概要
神戸港(三宮)~宮崎港
1日1便(毎日運航) 乗船時間 約13時間
投入船舶:2隻の予定
総トン数:1万1931t 旅客定員:690名
積載可能車両数:乗用車85台、トラック(12m)130台
総トン数:1万1933t 旅客定員:690名 
積載可能車両数:乗用車85台、トラック(12m)130台
 

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集