日本パレット協会/ユニットロード オープンカレッジ開講

2013年10月21日 

日本パレット協会は11月12日、ユニットロードオープンカレッジ2013~2014セミナーを延べ8日間にわたって開催する。

パレット、プラスチチックコンテナなどRTI(Returnable Transport Items)を活用した物流、ユニットロードについて体系的な学習を目的に実施する講座。

メインテーマは、「サプライチェーン革新とユニットロード」で、早稲田大学講師陣協力により、物流に関する専門家にからの報告を中心とした知見を広めるための座学研修と企業を中心とした事例、特に容器の取り扱いなどを中心とした報告と、グループ討議を行う。

企業におけるリーダーとなるための必須と思われるスキルの習得と、討議することで業界における交友関係拡大が図れる。

■開催概要
日時:2013年11月12日・13日、12月10日、11日、2014年1月21日・22日、2月18日・19日
会場:東京都中央区及び千代田区
募集人員:40名
受講料:会員15万円/非会員20万円
主催:日本パレット協会

■詳細・申込み
http://www.jpa-pallet.or.jp/news/detail/26.html

■スケジュール
第1回目:11月12日(火)、13日(水)
サブテーマ:サプライチェーン構築の基礎
<ULOCを学ぶにあたって/サプライチェーン・ビジネスモデル構築法>

第2回目:12月10日(火)、11日(水)
サブテーマ:ユニットロードをめぐる課題
<ユニットロードをめぐる課題1/ユニットロードをめぐる課題2>

第3回目:1月21日(火)、22日(水)
サブテーマ:ユニットロードをめぐる課題と連携標準
<連携標準とは/ユニットロードをめぐる課題3>

第4回目:2月18日(火)、19日(水)
サブテーマ:サプライチェーンの新しい視点
<新しい視点で考える「モノの移動」 /システム評価>

講師陣:
高橋 輝男氏/早稲田大学 名誉教授
山﨑 純大氏/日本パレット協会会長
小瀬 達之氏/国土交通省 総合政策局 国際物流課長
福本 博二氏/日本パレット協会
平田 成氏/日本包装技術協会S招聘研究員、ダイフク 技監
加藤 弘貴氏/流通経済研究所 専務理事
黒須 誠治氏/早稲田大学 商学学術院教授
吉岡 洋一氏/早稲田大学 WBSネオロジ研究会 顧問
田中 謙司氏/東京大学大学院 工学系研究科システム創成学専攻 特任准教授 工学博士
大竹 重雄氏/クリナップロジスティクス 代表取締役社長
合田 浩之氏/日本郵船 調査部グル-プ長代理
嶋崎 聡氏/全日本空輸 貨物事業室副室長
坂本 真人氏/流通システム開発センター
岩間 正春氏/早稲田大学アジア研究機構 招聘研究員
柳下 典男氏/トーヨーカネツソリューション)
北條 英氏/日本ロジスティクスシステム協会
藤田 精一氏/早稲田大学 商学学術院教授
永井 浩一/日本パレット協会 主任研究員

■問い合わせ
日本パレット協会
ユニットロードオープンカレッジ事務局
http://www.jpa-pallet.or.jp/
TEL.03-3538-4774
info@jpa-pallet.or.jp

最新ニュース

物流用語集