メディネット/品川区の倉庫に15億円投じ、細胞加工施設を新設

2013年12月02日 
関連キーワード:

メディネットは12月2日、東京都品川区に細胞加工施設を新設すると発表した。

新施設は、メディネットが現在管理する臨床用細胞加工施設の中で最大の新横浜CPCよりも約7倍の広さで、臨床に用いる組織・細胞を培養・加工するエリアと、治験用に用いる組織・細胞を培養・加工するエリア(今後新たに規定される構造設備基準に適合)をそれぞれ分けて設置する予定。

鴻池運輸のグループ会社であり、医療分野の物流改善を手掛ける鴻池メディカルが管理する免震構造の建物を一部分賃借することで、土地購入や建設などの投資コストを大幅に削減し、また、建設から本稼働までの準備時間を短縮することができる。

本格的な稼働は、現在、厚生労働省が中心に作成中の細胞加工施設のガイドライン策定を鑑み、2015年の前半となる予定。

■新施設の概要
所在地:東京都品川区勝島1-5-21
(物件名):トライネット・ロジスティクス勝島1号倉庫
延べ床面積:2990.5㎡
設備投資額:15億円(予定)
完成時期:2014年後半(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集