佐川急便/CMに米倉涼子さんを起用

2013年12月11日 

佐川急便は12月6日、テレビ CM「プロのための、プロがいる。」~SAGAWAという手がある~篇を、全国で放映開始した。

<佐川急便の新CMに起用された米倉涼子さん>
20131211sagawa 500x281 - 佐川急便/CMに米倉涼子さんを起用

新CMは、あらゆる企業のビジネスに立ちはだかる課題を、物流ソリューションで支えていくという佐川急便の強い想いを宣言した「プロのための、プロがいる。」というメッセージをコンセプトとした。

最前線で戦うビジネスのプロに対し、物流のプロとして支える佐川急便の総合力、顧客対応力を訴求した TV-CM を制作。ビジネス映画のような迫力で、それでいて端正で厚みのある世界観にするため、女優の米倉涼子さんを起用した。

米倉さんの役どころは、成長著しいメーカー企業で20人の部下を率いるグループリーダー。

グローバルな取引が増加すると同時に、更なるスピードも要求され、会社全体として未来への成長と効率を求められるが、どんな環境でも、部下想いで、ガッツあふれる仕事ぶり、トラブルも冷静に対処し、自信をもって解決策を提示出来る、頼もしい上司を演じる。

CMは、顧客から来た緊急納品の依頼や、海外から国内までの物流をワンストップにすべきと役員へプレゼンテーションするシーンなど、まさに、昨今のビジネスの課題の本質を、迫真のシーンで浮き彫りにする。

緊急事態に動揺を隠せない部下や会議室で異論を唱える役員に対して、米倉さんが堂々と、「SAGAWAならこたえてくれるはず」、「SAGAWAという手があります」と答える。そのような物流における困難な場面こそ、佐川急便のソリューション力、顧客対応力が発揮されるというメッセージを表現した、としている。

■新CM

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集