アスプローバ/アスプローバサミット2014、2月7日開催

2013年12月26日 

アスプローバは2月7日、 創立20周年記念の一環としてアスプローバサミット2014を開催する。

200名の製造業関係者を迎え、“Japan is Back”をテーマに更なるグローバル競争力強化へ向けて、世界展開の現状など数多くの事例を紹介する。

参加者にITがいかに世界を身近なものなっているかを実感してもらうとともに、経営戦略や生産計画へのヒントを掴める1日としている。

■開催概要
日時:2014年2月7日(金) 13:00~20:00(受付12:30~)
会場:丸ビルホール
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階
参加:事前登録制

■詳細・申し込み
http://www.asprova.jp/seminar/summit2014.html

■プログラム
13:00~13:50
<プログラムA>
A-1【パートナー】
アビームコンサルティング
グローバル潮流に乗り遅れない、「日本型スピードSCM」

<プログラムB>
B-1【導入事例】
ベバストジャパン
時間単位生産計画自動策定による在庫の劇的削減とキャッシュフロー最大化

14:00~14:50
<プログラムA>
A-2【導入事例】
ぺんてる
グローバルの生産管理システム調査とスケジューラ海外展開

<プログラムB>
B-2【Asprova改善委員会】
アスプローバ
Asprova計画機能の発展と今後の目指す方向

15:00~15:50
<プログラムA>
A-3【海外パートナー】
EQ System Ltd.(ポーランド)
東ヨーロッパの製造業と導入事例

<プログラムB>
B-3【導入事例】
旭化成ケミカルズ
生産管理システム統合にAsprovaを活用

16:00~17:00
<プログラムA>
A-4【特別講演】
ツムラ 情報技術部 シニアマネージャー 佐藤 秀男氏
「漢方薬トップシェアのツムラにおける計画主導SCMシステム事例」
―事業計画とサプライチェーン計画の連動による事業活動の全体最適化をめざ
して―

17:00~17:30
<プログラムA>
A-5【主催者】
アスプローバ 副社長 藤井 賢一郎
「グローバル化の理想と現実 現場からの報告」
―駐在員から見た「日本」と「アジア」の関係―

17:30~18:00
<プログラムA>
A-6【主催者】
アスプローバ 代表取締役社長 高橋 邦芳
「世界No.1をめざすAsprovaのブルーオーシャン戦略」
―Micro-MultinationalをめざすAsprovaの世界で勝つための販売・サポート体
制の現状と未来像―

18:00~20:00
<プログラムA>
A-7【記念パーティ】
創立20周年記念パーティ

20:00
散会

最新ニュース

物流用語集