国交省/ミャンマー港湾でEDIシステム試行版の運用開始

2014年01月24日 

国土交通省は1月23日、ミャンマーで、海外港湾EDIシステム試行版(港湾行政手続の一部を電子申請)の運用を開始した。

試行版は、国土交通省が開発・運用してきた港湾物流に係る情報伝達のノウハウを活用して作成したもの。

試行版の運用を通じ、海外港湾 EDI システムの導入に向けた課題を整理するとともに、電子情報処理に係るミャンマー政府職員等の習熟を図る。

ミャンマーでの港湾に係る行政手続のうち、入出港届、積荷目録の提出等の一部の代表的な手続を国際標準に沿って電子的に処理する機能や、ミャンマー港湾管理当局が行う係留施設の割当計画の作成を円滑化するための機能を備えたシステム。

なお、国土交通省は、日本の港湾関連産業(港湾物流・インフラ関連企業)の海外展開を支援し、計画・設計・整備・運営等すべての段階での港湾関連産業の参画を通じて、効率的な国際物流ネットワークの構築や相手国での産業の国際競争力の強化を図るための取組みを進めている。

最新ニュース

物流用語集