キャセイパシフィック/香港-米・オハイオ州の定期貨物便、就航

2014年03月03日 

キャセイパシフィックは3月3日、香港と米・オハイオ州コロンバスを結ぶ定期貨物便を、3月21日から週2便で運航開始すると発表した。

香港-コロンバス線の開設に伴い、キャセイパシフィック航空の北米での定期貨物便の乗り入れ都市は12となる。

アジアと北米を結ぶ航空貨物輸送網の増強により、荷主には新たな選択肢とより柔軟なスケジュールが提供されると同時に、香港国際空港でフル稼働を開始したキャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルにより国際航空貨物ネットワークへとよりスムーズに接続が行われる。

香港-コロンバス線に、最新鋭のボーイング747-8F型貨物専用機を投入し、香港-アンカレッジ-コロンバス-ニューヨーク(JFK)-バンクーバー-香港の航路で毎週水・金曜日に運航する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集