トーモク/150億円投じ、神戸市西区に新工場建設

2014年04月02日 

トーモクは4月2日、神戸市の神戸サイエンスパーク内に工場を建設すると発表した。

関西地区での段ボール需要に対する生産、物流能力の逼迫を解消するために、大阪工場(大阪府門真市)に次いで、2か所目の生産拠点として、兵庫県神戸市西区の神戸サイエンスパーク内に新工場を建設する。

新工場では、需要地に近接した工場配置、労働人口の安定確保、物流の効率化、BCP対策(事業継続計画)等の立地条件を勘案し、最新技術とシステムの集結を図る。

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Aクラス以上の環境配慮型の段ボール工場を目指す。

■新工場の工場概要
名称:トーモク 神戸工場
所在地:兵庫県神戸市西区井吹台東町7-4-1
敷地面積:約5万㎡
延床面積:約3万3000㎡
建築面積:約2万4000㎡
投資総額:約150億円(内訳:土地40億円、工場建屋48億円、機械設備40億円、来期以降取得予定の機械設備22億円)
完成予定:2015年3月

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集