日本郵船/アジア・豪州のケミカル市場に向け、船隊を強化

2014年07月03日 

日本郵船は7月3日、NYKストルトシップホールディングス(NSSH)は、臼杵造船所に1万2500重量トンのパーセルタンカー(多品種・多目的ケミカルタンカー)2隻を発注したと発表した。

発注船は、NSSHとしては現在保有・運航している8隻のパーセルタンカーに続き9・10隻目となる。この船はステンレス製カーゴタンク18個を備え、最新鋭の環境技術を採用した高性能船で、2016年7月と9月に竣工予定。

竣工後は、日本郵船とストルトタンカーズとの合弁の運航会社であるストルトNYKアジアパシフィックサービス(STOLT NYK Asia Pacific Services INC、以下SNAPS)に長期用船され、高齢船または短期用船の代替船として従事する。

新中期経営計画「More Than Shipping 2018~Stage2 きらり技術力~」で策定した事業戦略に基づき、合弁パートナーであるストルトタンカーズ社と共に、技術的に複雑かつ高品質なオペレーションを要するパーセルタンカーを運航し、需要が堅調なケミカル市場において、より競争力のある船隊を整備していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集