SAP/自動車部品サプライヤー向けSAPERP導入ソリューション提供

2014年07月11日 

SAPジャパンは7月11日、自動車部品サプライヤー向けに、SAPERP導入テンプレートとデモ環境を開発し、順次提供開始すると発表した。

<ソリューションイメージ>
20140711ntt 515x397 - SAP/自動車部品サプライヤー向けSAPERP導入ソリューション提供

海外の完成車メーカーと新たに取引を開始することで海外事業の強化を目指している日本の自動車部品サプライヤー向けに、NTTデータグローバルソリューションズ(以下:NTTデータGSL)、東洋ビジネスエンジニアリング(以下:B-EN-G)、シスコシステムズ)と共同で開発した。

自動車部品サプライヤーは、従来に比べ安価、スピーディーに海外の完成車メーカーとの取引に必要なすべてのITプラットフォームを構築することができ、海外事業の拡大を加速させることができる。

多くの自動車部品サプライヤーにとって、新たな国で新たな完成車メーカーと取引を行うことは、完成車メーカー固有の要件や要望、国によって異なる法制度や税制、国と自動車業界に起因する特有の商習慣に対応する必要があり、事業の立ち上げに時間を要するという課題を抱えていた。

NTTデータGSL、B-EN-G、シスコ、SAPジャパンは、こうしたグローバル展開を目指す日本の自動車部品サプライヤーを支援し、海外事業拡大を促進するため、自動車部品サプライヤー向けSAPアプリケーション導入ソリューションを開発した。

SAP ERPの自動車業界向けテンプレート(SAP Best Practices for Automotive)と、NTTデータGSLが欧州の自動車OEMメーカーから得た知見やノウハウを組み合わせたシステムをコアとしている。

世界の自動車OEMメーカーと自動車部品サプライヤーにおけるSAP ERPの導入経験をもとにSAPが開発したアドオンソリューションであるSAP Automotive Consulting Solutionsと、製品ライフサイクル管理、統合部品表管理ソリューションであるSAP Product Lifecycle Management、製造実行管理ソリューション(MES)であるSAP Manufacturing Execution(SAP ME)に、B-EN-Gが持つ製造実行管理や物流管理のノウハウをもとに追加開発した簡易入出荷処理機能等を備えたシステムを組み合わせている。

設計開発から内示、受注、部品調達、生産、納品という一連の業務プロセスや会計処理、所要量計算、原価管理等を包括的に実現する。

完成車メーカー固有の書式/EDIを用いた取引や、設計変更対応、ジャストインシーケンスに対応した出荷処理等もサポートしている。

海外の完成車メーカー個別要件などへの対応を効率化し、所要時間を大幅に削減するとともに、従来に比べ導入作業が従大幅に抑えることができ、短期間での導入や、導入コストの軽減を可能にする。

■製品紹介
http://www.nttdata-gsl.co.jp/solution/auto/index.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集