トヨタL&F/1.5~8.0トン積エンジンフォークリフト発売

2014年07月14日 

豊田自動織機のトヨタL&Fカンパニーは7月15日、新型クリーンエンジンを搭載した1.5~8.0トン積エンジンフォークリフト「ジェネオ(GENEO)」を発売する。

<1.5~8トン積エンジンフォークリフト「ジェネオ(GENEO)」>
20140714toyotalf - トヨタL&F/1.5~8.0トン積エンジンフォークリフト発売

新型ジェネオは、環境負荷の低減、作業者の安全確保や操作性の向上など、顧客のニーズに応えるため、より高いレベルのフォークリフト性能・機能を追求したモデル。

環境面では、新開発の電子制御クリーンエンジンとロードセンシング式パワーステアリング、高効率トルクコンバーターを組み合わせることにより、世界トップクラスの低燃費・低排出ガスを実現。

燃費低減に貢献するアイテム「エコモード」、「オートエンジンストップ」もオプションの機能として選択可能。

ディーゼル車にはDPFレスで最新の排出ガス規制に適合した新型エンジンを採用し、DPF付きの場合に必要なフィルターの清掃や交換など後処理のメンテナンスフリー化を実現した。

安全面では、作業中の安全と作業効率の向上に貢献する独自のシステムで、ハンドル角、揚高などさまざまな情報を検知し、制御することで、旋回時や荷役時などに優れた安定性を発揮するSASを搭載。

最高速制限機能も新型ジェネオ全車に標準搭載し、3.5トン以上の機種ではマストレイアウトの見直しを行い、広い前方視野を確保している。

人間工学に基づく設計により、広い足元スペース、低いステップ、小径ハンドルの採用など、オペレーターが使いやすく、疲れにくい作業環境を実現している。

6.0~8.0トン積については、ボディー設計を大幅に見直し、従来車に対し、よりコンパクトな車体にすることで、小回り性などの操作性を高めている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集