日通総研/荷動き指数4~6月実績は35ポイント低下、物流コスト増

2014年07月16日 
関連キーワード:

日通総研は7月16日、企業物流短期動向調査(2014年6月調査)を発表し、4~6月実績(見込み)では、前期(1~3月)実績より35ポイント低下して-3 となった。

一方、7~9月見通しでは6ポイント上昇してプラス3と、再びプラス水準に反転するものとみている。

4~6 月実績(見込み)の輸送機関別「利用動向指数」は、全輸送機関で前期(1~3月)実績よりも低下し、かつ全輸送機関でマイナスを示した。7~9月見通しでは、全輸送機関で改善する見込みであり、一般トラック、特別積合せトラックではプラスに浮上する。

一方、国内航空では引き続き 2 ケタのマイナスとなる見通しで、輸送機関により跛行性がみられる。

輸出入貨物量の動向では、4~6月実績(見込み)の「荷動き指数」は、全輸送機関で前期(1~3月)実績よりも低下した。外貿コンテナの輸出、国際航空の輸出ではプラスを維持したが、外貿コンテナの輸入では0、国際航空の輸入ではマイナスに沈んだ。

7~9月見通しでは、外貿コンテナの輸出・輸入では上昇する一方、国際航空の輸出では横ばい、輸入では低下する見込みであり、外貿コンテナに比べて荷動きはいくぶん低調に推移するものとみられる。

4~6月実績(見込み)の在庫量と営業倉庫保管量は、すべての「動向指数」が前期(1~3月)実績よりも低下した。営業倉庫保管量が小幅なプラスを維持する一方、原材料在庫、製品在庫はマイナスとなった。

7~9月見通しについては、製品在庫ではゼロ水準、原材料在庫、営業倉庫保管量では小幅なマイナスとなり、わずかながら原材料の在庫圧縮と営業倉庫保管量削減の方向に向かうものとみられる。

運賃・料金の動向では、4~6月実績(見込み)の「動向指数」は、全機関で前期(1~3 月)実績よりも上昇し、かつ引き続き全機関で「動向指数」がプラスとなった。

7~9 月見通しについては、鉄道コンテナでは横ばいで推移する一方、その他の機関では上昇方向に動き、引き続き全機関で「動向指数」がプラスとなる見込みである。

とくに一般トラック、特別積合せトラック、内航コンテナでは 2ケタのプラスとなり、増勢がさらに強まる見通しである。

物流コスト割合の動向では4~6月実績(見込み)の「動向指数」は、全業種で2ケタのプラスとなり、業種全体ではプラス25と、前期(1~3月)実績からは5ポイント上昇した。

7~9月見通しでは、9業種においてプラス幅が拡大し、業種全体の「動向指数」は2ポイント上昇してプラス27と見込まれ、物流コスト割合はさらに拡大する見通しとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集