日通、JAL/7月28日からe-AWB 運用を開始

日本通運と日本航空(JAL)は7月18日、シンガポール向け貨物についてe-AWBを導入することで合意したと発表した。

日通とJALは今年に入り、各々が国際航空運送協会(IATA)と「Multilateral e-Air Waybill Agreement」を締結し、その後トライアルを重ねてきた。

調印式では e-AWB 運用の合意を確認し、7月28日のJL711便(成田-シンガポール線)からe-AWBの運用を開始する。

e-AWBとはAWB(航空運送状)の電子化により紙媒体で行っていた事務作業の効率化と紙使用量の大幅削減を目指すもので全世界的に取り組まれている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集