ラサール/東扇島倉庫3棟、延床39万平方米を取得

2014年07月29日 

ラサール不動産投資顧問は7月29日、川崎市川崎区のマルチテナント型物流施設「東扇島倉庫」3棟を7月25日に取得したと発表した。

<A棟、B棟、C棟の外観写真>
20140729lassal3 515x733 - ラサール/東扇島倉庫3棟、延床39万平方米を取得

東扇島倉庫は、A、B、C の3棟合わせて延床面積38万8327㎡で、東京ドーム約8.3個分という大規模でハイスペックのマルチテナント型物流施設。

物流施設へのテナント需要が引き続き高いことに加え、東京都心部へのアクセスが優れた首都圏湾岸エリアという希少な立地となため、安定的なコア投資対象物件として取得したもので、すでに95%以上稼働している。

東扇島は、首都高速道路湾岸線の東扇島出入口、川崎港に近く、羽田国際空港まで約5km、東京都心まで約15kmなど良好なアクセス環境で、陸・海・空の結節ターミナルとしても、首都圏経済に貢献する物流機能を発揮する優れた立地。

■施設概要
A棟
所在地:川崎市川崎区東扇島18-2
敷地面積:2万5000㎡
延床面積:11万620㎡
構造:鉄筋コンクリート造倉庫5階、オフィス10階
竣工年:1987年

B棟
所在地:川崎市川崎区東扇島15
敷地面積:2万9902㎡
延床面積:12万8924㎡
構造:鉄筋コンクリート造倉庫5階、オフィス10階
竣工年:1991年

C棟
所在地:川崎市川崎区東扇島19-2
敷地面積:2万9770㎡
延床面積:14万8799㎡
構造:鉄筋コンクリート造倉庫6階、オフィス6階
竣工年:2001年

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集