フルノシステムズ/業務に最適な無線ハンディターミナル発売

フルノシステムズは9月4日、業務に最適な「ちょうどいい」感を実現させた無線ハンディターミナル「finpad 800f」(フィンパッド)を9月上旬から販売開始すると発表した。

<finpad 800f>
20140903furuno - フルノシステムズ/業務に最適な無線ハンディターミナル発売

バーコード対応機種「finpad 800f 」と2次元コード対応機種「finpad 803f」の2機種。

業務で活用した時の「使いやすさ」を徹底して追求したロングセラー機種「finpad 700f」の機能、操作性を維持しながら、高次元でバランスよく進化させ、4つの「ちょうどいい」感を実現させた最新機種。

1つめは、「ちょうどいい」高性能さ。立ち上げから高速起動し、スキャナの読み取りスピードは、従来機種から40%アップさせることで、ストレスのない作業環境を実現した。さらに、現場での電池交換作業の煩わしさを考え、約22時間の長時間運用を実現。

2つめは、「ちょうどいい」通信スタイル。 2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯に対応。2.4GHz帯(802.11n/b/g)と5GHz帯(802.11n/a)に対応することで、現場の無線環境に応じた、「切れない」安定した通信環境を実現できる。

さらに、無線LANアクセスポイントに加え、Wi-Fiルータでも通信できる環境を準備したことで、広いフィールドで運用することが可能となった。

3つめは、「ちょうどいい」操作性。メインのスキャナボタンを本体のセンターに配置したことで、「スキャンのしやすさ」を提供。手に持った時の重量バランスを最適化し、長時間運用でもストレスなく操作が可能。画面サイズは、業務に最適な2.8型のLCDを採用しているため、「持ちやすさ」と併せて、画面の「見やすさ」「わかりやすさ」を提供。

4つめは、「ちょうどいい」開発スタイル。無線ハンディは、 業務アプリケーションを動かす上位サーバによって、ハンディ側の開発環境が変わる。このため、あらゆる開発スタイルに対応する ツールを用意。IBM系サーバに対応する「Fstart 5250」 やWindows系サーバに対応する「MORSシリーズ」、さらにはオープンなWEB開発環境に対応する「@Hyway」など、ユーザーの開発環境に合わせて活用することが可能。

価格はオープン価格、販売目標はfinpad 800fが年1万台、finpad 803f(2次元コード対応)が年5000台。

■finpad 800f/803fの主な仕様
http://www.furunosystems.co.jp/product/finpad800f.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集